スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スタディサプリ中学講座の良いところはを繰り返して巻き戻すことが出来る点です

かなり合格率の低い資格である情報処理技術者ですが、勉強をしないで挑む人もいます。
普段の業務で十分な知識があると思って決断されていると思うのですが、それではほとんどの場合合格することができません。
実は合格の近道は、基礎固めにあります。
難しい問題が出題されることで不合格になると言うよりは、幅広い範囲をかなり短い時間で回答し続けなければいけない状況です。
そのためあやふやな知識では、選択に時間がかかり、どんどん焦りが生じます。
特に普段から専門的な業務を行っている人は、基礎的な内容は知っているため使いません。
使っていないうちに知識があやふやになり、似通った内容だとどちらが正解か分からなくなります。
一つでもそのような問題があると、その後は焦りが生じて、わかっている内容でも正確に答えられないことがあります。
そこで確実なのは、わかっていると思っていることこそ、見直しをして基礎固めをしておくと言うことです。
反復も重要ですが、もう一度正式な内容まで調べ直してみることが大切です。
ただし、思い込みがあると落とし穴になってしまいます。
個人で学習している人は、その点が弱点になりやすい傾向があります。
予備校であれば、最初から学び直しをしたり、よく間違えるところなどを重点的に教えてもらうことが可能です。
ペース配分もしっかりとつけることで、余裕を持って試験に挑むことができます。
分からない部分や迷った部分があった場合にどのようにすれば良いかのコツもわかるでしょう。
また、午後の実践的な内容の出題も過去問だけでは分からない部分もあり、教えてもらうことの大切さを実感します。
数多くの例題があり、答え合わせもできるから予備校の方が効率よく試験勉強ができる訳です。
そういえば、スタディサプリの中学に関することも。
スタディサプリ中学講座の良いところは、講義の中で分からなかったり、もう一度聞きたいと思ったところを繰り返して巻き戻すことが出来る点です。
また、映像を早送りできるので、既に分かっていて時間短縮したい人にとってありがたい機能です。
それから苦手な科目やテーマを優先的に受けられるよう選択式になっているので、集中的に不得意分野をつぶせます。
スタディサプリ中学

 

JUGEMテーマ:日記+情報

1